ブログ名が思いつかない

ジャニーズWEST Travis Japan ハロプロ

YOUたち、ハロコンやっちゃいなよ!(中編)

前編はコチラ!

dancingsingingexiting.hatenablog.com

予告した通り、今回はシャッフルコーナーの妄想をどどんとしていきます!

この人数だとリアルに何千通りとありそうなので、サクッとメンバーカラーでユニットを組んでもらうことにしました。各チームのメンバーカラーは、名前の部分の色で表しています。

 

14.C\C(シンデレラ\コンプレックス)/High-King

ジェシー宮舘涼太宮近海斗井上瑞稀・佐藤龍我

メンカラ赤チームを自分のメモでざっと見たとき、「な、なんだ・・・この帝王感は・・・・・!?」と驚愕しました。この帝王感、DEF.DIVAHigh-Kingだろ!?!?!と思いましたが、がっつり踊っても欲しかったので後者に。年齢の幅的にもHigh-Kingがぴったりではないかと!ゆうかりんとりゅうがたん・・・!

 

15.SOME BOYS! TOUCH/後藤真希

田中樹・渡辺翔太・松田元太・橋本涼

青チームの合言葉は、「18禁には18禁を」です。いやこの人たち18禁すぎる。ごっちんのソロ曲である『SOME BOYS! TOUCH』は、現役のハロメンがカバーするにしても、かなりアダルティな年長メンしか手を出さない曲です。しかも、ファンのあいだでも「あの子がSOME BOYS! TOUCHやったか!」みたいに、いまだにザワザワするくらいのヤバイ曲なのです。「挨拶でしょキスくらいは」ですよ!?抱き捨ててくれ。

 

16.まっさらブルージーンズ℃-ute

森本慎太郎阿部亮平中村海人・猪狩蒼弥・藤井直樹

全メンカラのなかで、一番最後まで悩んだのが緑チームでした・・・。悩んだ結果ブルージーンズになっちゃってるしね・・・緑なのにね・・・。私の中にある印象として、シャカリキ、ガムシャラにダンスを踊る人たちが集まっているチームかなぁと思い、この選曲をしました。うみんちゅの「まっさらブルージーンズッ!」が聞きたい。うみんちゅが最年少なわけではないけど、彼にグラサンつけてほしい。

 

17.黄色いお空でBOOM BOOM BOOM/黄色5

高地優吾・岩本照・吉澤閑也・岩崎大昇

そろそろ考えるの面倒くさくなってきてるだろ!?とか言わないでください!!!タイトルこそふざけてますが、この曲のサウンドがかっこよくて個人的にとっても好きなので、照くんに振付をしていただきたい。そしてあわよくば閑也くんと愛の星に出かけたい。SixTONESのリア恋枠(らしいですね!?)・高地くんと、Travis Japanのリア恋枠・閑也くんに「二人の愛 ガソリンがわり」って言われたら空飛びません!?飛びますよね!?そんでもって閑也くんと愛の星に出かけたい。BOOM BOOM BOOMする大昇くんとか絶対かわいいですよね~保護保護。だけどやっぱり閑也くんと愛のほs

 

18.さくら満開モーニング娘。さくら組

京本大我佐久間大介七五三掛龍也高橋優斗・金指一世

ピンク色ともリンクさせつつ、京本くんがワントップというか、京本くんの歌声を軸に選びました。高橋くん、金指くんの歌声については収集に失敗したのですが、お兄さん組の三人は、甘さがありつつもクセが少ない声かなぁと感じたのでしっとりなめらかに聞かせてほしいです~!

 

19.16歳の恋なんて/安倍なつみ矢島舞美

深澤辰哉・作間龍斗

いやこれ、本当に今年26歳と16歳なんですね・・・。え、作間くん見た目よりずいぶん若いとは聞いていたけど、まさか16歳・・・ウソ・・・。深澤くんが歌う「今思えばただのオママゴト」はしばらくこじらせそう。作間くんに「何にも相談できないじゃん」ってぶった切られる深澤くん。そして「甘いね 26歳の失恋はシャレにならないのよホントに 三十路目前ロスタイム ここで決めなきゃあとがない」が切実すぎる。これをなっちに歌わせたつんくさんやっぱスゴイ。

 

20.ロボキッス/W

松倉海斗・浮所飛貴

松倉くんと浮所くん?ん~~~~かわいい!ってことでロボキッス。でもこのお二人、並ぶとけっこう身長差あるのかしら?

 

21.ずっと好きでいいですか/松浦亜弥

川島如恵留

自分が他の誰かと恋して、素敵な結婚しても貴方のことをずっと好きでいますとか言ってるんですよこの曲。結局永遠の片思いなんですよ・・・。自分は川島家の使用人の娘、彼は川島家の跡取り息子。もちろん許嫁がいるわけですよ。幼いころは身分なんて考えず仲良くしていて、自然とお互い好きになっちゃうわけですけど、彼は・・・親の決めた相手と結婚、自分もその思いを断ち切ろうとまぁ素敵な人と結婚する・・・ってこれで一本ブログ書けてしまわないか?如恵留くんが執事で、お嬢様とこっそり思いを通わせていたけれど・・・っていうバージョンもあります。(ありません。)

 

22.ガラスのパンプス後藤真希

松村北斗

恐ろしいほど鋭利なカリスマ性を感じる北斗くんには、絶対ゴマキ曲を歌っていただきたい!という強い意思があったのですが、曲目決めには苦労しました。溢れちゃう…BE IN LOVEと最後まで迷いましたが、ガラスのパンプスの方が背徳感が生かされるかなと思い(?)選曲!

 

23.ロマンティック浮かれモード/藤本美貴

那須雄登

・・・顔似てません?ミキティーに。

 

 

 

 

と思って那須くんの歌声を探したらなんと!鼻にかかっているではありませんか!?!?ユウティーーーーー!!!!!!!!!

 

 

 

 

ところどころ雑さが露呈してきてしまいましたが、中編のメンカラシャッフルコーナーはこれにて終了です!次回が締めの後編になります。各グループもう一曲ずつと、ラストスパートの全員曲、というラインナップで執筆する予定です。